治験と新薬トップメイン画像

治験という過程を通らないと、新薬は開発されず、市場に出回ることもありません。
治験と新薬の関係は何でしょうか。


治験がなくては新薬が作れない

薬局に売られている薬や、処方箋でもらえる薬など、私達の日常の中に薬は深く関わってきます。
薬を服用しないまま生活している人は少ないでしょう。風邪薬、頭痛薬、栄養剤などなど、いろんな薬のお世話になっているはずです。

その薬を開発するために必要なのが、治験です。
治験がないと新薬は生み出されません。
どうして治験が必要なのでしょうか。


人に有効か安全かを調べる必要

薬はまず、人に効かなければ開発した意味がありません。
治験は、まだ承認を得ていない薬を実際に人に使用し、その効果を確かめます。
副作用などの安全性もチェックし、データを取得し、厚労省の承認を受けてようやく市場に出回るのです。

薬の開発も簡単なものではありません。


治験は人体実験?

そう誤解する人も多いかもしれませんが、実際は人体実験などではありません。
事前に治験に関する説明を受け、参加するボランティアが受けるか受けないかの最終確認を行います。
つまり治験を受けるかどうかは全てボランティアに委ねられるわけです。

以下のサイトで治験のボランティアを募集しているので、参考にしてみるといいでしょう。
治験情報V-NET
JCVN治験ボランティア